東海遊具製作所 製品カタログ vol.10
61/168

安全規準における、安全領域に基づいた危険性のない、配置計画をご提案。製品の長寿命化への取り組み。標準カラーバリエーション安全領域とは、遊具の安全な利用行動に必要と想定される空間で、子どもが遊具から落下したり飛び出したりした場合に到着すると想定される範囲です。安全領域の内部空間では、遊具本体を除き、重大事故の要因となりえる障害物(照明灯、マンホールなど)や異物や固い設置面などがあってはいけません。樹木などの公園の環境を生かしつつ、調和のとれた安全領域を確保します。 二重構造耐触補強処理鋼製遊具には曲げデザインの加工度や錆に対し耐久性を持つSGP鋼管を使用します。電気亜鉛メッキ後、塗装を施します。防錆に優れた表面に仕上がります。特に劣化しやすい地際には鋼管を二重にすることにより、屋外での雨水などへの、耐久性を保つ構造になっております。表面メッキ処理鋼材には電気亜鉛メッキの中でも、防錆力が高く、キズがついても錆が広がりにくい有色ジンクロメートメッキを施しております。また鋼材との密着性が良く、均一にメッキが形成されるので、塗装を美しく仕上げることができます。支柱地際補強管断面構造十分な強度 + 防食対策Point!価値ある塗装仕様ポリエステル樹脂粉末を、静電塗装法によって製品に付着させ、焼き付け・溶融・硬化の段階を経て塗膜を形成します。支柱やパイプ類に厚い膜厚を形成し、キズに強く耐候性に優れた塗装仕上げです。 ※一部、大型構造体遊具製品に関してはポリウレタン樹脂塗装を採用しております。   紛体塗装同様、着色性・硬さ・安定性・付着性・耐候性に優れています。※色見本は印刷具合により、実際の色と異なる場合があります。 ご相談の上、ご希望のカラーリングをご指定下さい。ブルーグリーンベージュブラウンレッドイエローオレンジホワイトコンビネーション遊具スタンダード遊具健康器具アスレチック遊具休憩施設情報施設便益施設その他セーフティ・メンテナンス060

元のページ 

page 61

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です