お見積り・資料請求
お問い合わせ

セーフティ・メンテナンス|東海遊具製作所

セーフティ・メンテナンス

安全について

□ 遊具の安全に関する規準

この規準は、「都市公園における遊具の安全に関する指針」(国土交通省 平成26年6月発表)の内容に沿って、
一般社団法人日本公園施設業協会〔以下JPFA〕が子どもにとっての「遊びの価値」を尊重し、重大事故を予防するという観点から策定したものです。

東海遊具製作所では、この指針及び規準に沿った設計・製造・施工・点検・修繕を行っております。
品質と安全性に考慮した遊具製品をご提供し、遊具本体のみならず遊具が設置されている空間・環境のあり方についても考えております。

□ 企業として品質と安全に対する証

品質と安全性に配慮した製品の証

遊具製品に貼付されるSPマーク(SAFTY PRODUCT)・一般公園施設製品(遊具を除く)に貼付される
SPLマーク(SAFTY PRODUCT LIABILITY)・SP・SPL製造表示ラベルは製品の設計・製造・販売・施工・点検・修繕において
JPFA-SP-S:2014に適合した品質と安全性に配慮した製品の証であるとともに、厳しい認定条件を満たし続けている企業にその使用が認められます。

《表示認定企業の条件》

株式会社東海遊具製作所は、厳しい認定条件を満たしている企業だからこそ、
この「SPマーク」「SPLマーク」を使用できるのです。

  • [SPマーク:遊具]
  • [SPLマーク:遊具以外の公園施設]
  • [SP製造表示ラベル]
  • [SPL製造表示ラベル]

□ 遊具安全利用表示について

子どもたちにより安全な遊び場を提供するために、以下のシール・サインを設置することで、
遊具のご利用による大きな事故を減らすことができます。
また万が一、発生した緊急事態への対応を速やかに誘導して事故を最小限にとどめることができます。

年齢表示シール

東海遊具製作所が製造する全遊具は、対象年齢を区分しております。
遊具を安全にご利用頂くために表示した年齢区分を守って遊ぶことで大きな事故を回避できます。

  • [3-6歳対象:幼児]

  • [6-12歳対象:児童]

  • [3-12歳対象]
    (用途に応じて便宜上、使用します)

利用表示シール

遊具それぞれがもっている事故がおきそうな危険な行動を利用者に解りやすく掲示することで、未然に事故を防ぐことができます。

  • [3-6歳対象:幼児]

  • [6-12歳対象:児童]

遊び場サイン

遊び場の誰もが注意し合える10の注意事項および緊急連絡先等の案内を表示しています。

  • [2本脚タイプ]

  • [1本脚タイプ]

□ 安全点検そして改善・修繕

安全と安心をお届けするために

プロの点検マンがプロの目でしっかりチェック。点検は、専門技術者(公園施設製品安全管理士・公園施設製品整備技士)が、
公園施設安全規準を基にチェックシートにしたがって各項目を入念に、厳しく行います。
公園施設製品本体の腐食・腐朽・破損や摩耗はもとより、ボルト・ナット等の金具類にいたる構造状態から、
塗装、サビ、地盤状況といった多岐にわたるキメ細かなチェックをし、総合判定を行います。

安全点検フローチャート

発見されたハザードについては、その程度に応じて遊具の使用中止、補修などの応急措置を講ずるとともに、
修繕・補修・改良・移設・更新・撤去など本格的な措置の方針を迅速に定めて実施いたします。

  • ※1使用中止とする場合は、立入防止柵の設置や、可動部分の結束又は取り外し、遊具 全体をシートで覆う等により、当該遊具を使用することができないよう直ちに適 切な処置を講ずる。併せて、使用中止の旨を提示し注意を喚起する。
  • ※2リスクとハザードに対する考え方を踏まえて、遊具の安全性、強度、経済性、利用 状況、社会的な標準使用年数などを総合的に判断する。

品質について

確かな技術者が品質を支えます

<公園施設製品安全管理士>

東海遊具製作所では、資格を有する専門技術者により、遊具のメンテナンスがすぐに行える体制が整っています。
11年以上の業務経験、そのうち3年間の管理業務経験者で、(一社)日本公園施設業協会が行う「公園施設製品安全管理士認定講習」を受講したうえ関係学科の筆記と記述式による試験に合格と認められたもの。
そのプロがJPFA-SP-S:2014等に基づき、設計・製造・施工・点検・修繕の各業務において、製品の安全性の確保に関する管理及び監督を行います。

<公園施設製品整備技士>

公園施設について5年以上の製造・点検・整備等に関わる実務経験を有し、(一社)日本公園施設業協会が行う「公園施設製品整備技士認定講習」を受講したうえ関係学科の筆記と記述式による試験に合格と認められたもの。
JPFA-SP-S:2014等に基づき、協会が認定する公園施設製品安全管理士の指示・管理・監督のもとで、点検・修繕等の整備に関する業務を行います。

専門技術者による点検作業
専門技術者による修繕作業
規準、劣化ともに合格となった製品には
「SP点検済シール」が貼付されます。

保証・保険について

□ 製品保証について

すべての東海遊具製品について保証書を発行しています。適正な使用状態のもとに発生した事故及び故障であり、製作上の責任によるものの場合にかぎり納入・検収から起算して満2年間製品保証し、無償で交換・修理を行います。

ただし、次の場合は保証対象期間中でも保証対象外となります。
A.当社の設置後に行われた故意または不当な修理や改造による故障・損傷。
B.当社の設置後に行われた移設、輸送時にに生じた故障・損傷。
C.人災・天災・地変その他不可抗力による故障・損傷。
D.原因が修理箇所以外の外部要因による故障・損傷。
E.塗装・樹脂コーティングおよび、消耗品、軸受部。
F.保証書の提示がない場合。保証書の再発行は行いません。

製品保証書

□ 保険制度について

東海遊具製作所では、すべての納入製品を対象に一般社団法人日本公園施設業協会が定める公園施設団体賠償責任保険に加入しています。これは製品の欠陥や設計・製造上の不備を起因とする万一の事故、および製品の設置工事中に発生した事故に対して適応されます。

▼保険内容

保険限度金額
対人 1事故 総額 5億円
対物 1事故 総額 2,000万円
「製造物賠償責任保険」

保険加入会員企業が設計・製造・販売・施工・点検・修繕を行った公園施設・体育施設・遊具・モニュメントなど、公園施設対象品目の欠陥および瑕疵に起因して、保険期間中に他人の身体や財物に損害を与え、同企業が法律上の損害賠償責任を負担する場合に対応。PL法、民法の両方に対応。

「工事中賠償責任保険」

保険加入会員企業が保険期間中、公園施設などの設置工事中または点検や修繕業務中に他人の身体や財物に損害を与え、同企業が法律上の損害賠償責任を負担する場合に対応。

公園施設団体 賠償責任保険加入証